VirtualBox 3.1.2 仮想化PC作成
Windows 2000sp4 , Vine 4.2 インストール
Athlon II X2 250 GA-MA785GPM-UD2H GV-R467D3-512I

home back

back
Y-Takeuchi著mail


内容next topnext down


2-1 VirtualBox 3.1.2 仮想化PC作成


(1) ハードウェア


 a. 構成

   CPU     : Athlon II x2 250
               ↓
   AMD-V は SVM - AMD VM Extensions の項目になります
   MEM     : 4Gb
   MOTHER  : GA-MA785GPM-UD2H
   DISK    : SATA2 500Gb
   VGA     : GV-R467D3-512I GDDR3 512Mb
   LAN     : 内蔵Realtek RTL8111C
   LAN     : LGY-PCI-GT  RTL8169S-32
   LAN     : REX-CBS40   WLI-CB-AMG54HP
   USB     : マウス , キーボード

 b. 家庭内LAN


     BB ルータ
      ↓                                +--------+
     WHR-HP-G/U 無線ルータ              |  Hub   |→→ 内部LAN
      | 192.168.12.1 |                +--------+
      |              |                   |
      |             WLI-TX4-G54HP         |
      ↓              ↓                   ↓
     WLI-CB-AMG54HP  RTL8169S-32          内蔵Realtek RTL8111C    
                                       
     192.168.12.xx   192.168.12.xx        192.168.1.xx


     接続できる  を選択します


通常
ユーザ
プロセス
Linux
Ubuntu 8.04
Vine 2.1.5
Linux
Vine4.2
Windows2000SP4









Microsoft
Virtual
PC 2007 sp1
Virtual Box
3.1.2







Windows XP Home SP2


(2) VirtualBox 3.1.2 インストール

 a. Windows版の

  をダウンロードします ( 2010年1月3日 )

 b. VirtualBox-3.1.2-56127-Win.exe をダブルクリックしてインストーラを
    起動します

 c. ほとんどが「 NEXT 」ボタンを押します

 d. 「I accept the terms in the License Agreement」チェックボックスをオン
    し「 NEXT 」ボタンを押します

 e. コンポーネントの選択

  (a) VirtualBox USB Support

  (b) VirtualBox Networking

  (c) VirtualBox Python Support

     を選択します

 f. 「Next」ボタンを2回押します

 g. 「Yes」ボタンを押します
    ※ 警告画面に変わります

 h. 「Install」ボタンを押します
    ※ インストールが開始されますが、だいぶ待ちます

 i. Windows のインストールロゴを取得していないため、警告が表示されますが
    「続行」ボタンを押します

 j. 「Finish」ボタンを押して終了です、設定の変更を行います

 k.  VirtualBox アイコンをダブルクリックし起動後に環境設定を選択します

 l. 「一般」の「デフォルト 仮想マシン フォルダ」と
    「デフォルト ハードディスク フォルダ」を変更します、また
     別ドライブに変更します、たとえば D ドライブに Virtual_Box という
     フォルダを作成し D:\Virtual_Box に保管するように設定を変更します

(3) Vine 4.2 インストール

 a. VirtualBoxの設定

   以下のように設定します
「一般」「名前」Vine4.2
「OSタイプ」Linux 2.6
「システム」「メインメモリ」512 MB
「プロセッサ数」2
拡張機能のPAE/NXを有効化(E)チェックボックスをオン
「起動順序」フロッピー,
cd/dvd-rom,
ハードディスク
拡張機能のIO APICを有効化(I)チェックボックスをオン
「VT-x/AMD-V」有効
「ネステッドページング」無効
「ディスプレイ」「ビデオメモリ」32 MB
「3Dアクセラレーション」無効
「2Dビデオアクセラレーション」無効
「リモートディスプレイ
サーバー」
無効
「ストレージ」IDEコントローラ
「IDEプライマリマスター」vine4.2.vdi
(標準,5.0 Gb)
仮想的なサイズ 5.0 Gb
「IDEセカンダリ
マスター(cd/dvd)」
Vine42-i386.iso
フロッピーコントローラ
「フロッピーデバイス」
「オーディオ」オーディオを有効化のチェックボックスをオン
「ホストオーディオドライバ」Windows DirectSound
「オーディオコントローラ」ICH AC97
「ネットワーク」アダプタ1
ネットワークアダプタを有効化のチェックボックスをオン
「割り当て」ブリッジアダプタ
「名前 」Realtek RTL8169 Family
Gigabit Ethernet NIC
BUFFALO LGY-PCI-GT を選択します
「アダプタタイプ」PCnet-FastIII (Am79c973)
「MACアドレス」080027B1EEDA
生成ボタンをクリックし設定します
ケーブル接続のチェックボックスをオン

 Vine4.2 側で対処 conf 変更

    i. /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 変更
       DEVICE=eth0
       BOOTPROTO=static
       HWADDR=08:00:27:B1:EE:DA
       ONBOOT=yes
       TYPE=Ethernet
       IPADDR=192.168.12.x4
       NETMASK=255.255.255.0
       GATEWAY=192.168.12.1
「USB」USBコントローラを有効化のチェックボックスをオン
USB2.0(EHCI)コントローラを有効化のチェックボックスをオン

 b. Vine4.2インストール

    項番2-2、別紙参照

    ※ Vine 4.2 エラー対処別紙

 c. Guest Additionsのインストール

    ゲスト OS にVirtualBoxの便利なコマンドやツールをインストールするための
    パッケージで、マウス移動が楽になり、非常に便利になります

    (必ず、Vine4.2インストール後に行う)

  (a) 参考url

  (b) Guest Additions のインストール

    i. 仮想 OS 上のメニュー[デバイス(D)] → [Guest Additionsのインストール] を
       クリックします

    ii. Linux のゲスト OS 上は、見た目は何も変わっておりません

      ( 格納場所 C:\Program Files\Sun\VirtualBox\VBoxGuestAdditions.iso )

      ( Windows ゲスト OS は iso ファイルより抽出し
        VBoxWindowsAdditions-x86.exe
        ファイルをインストールします )

  (c) VBoxGuestAdditions.iso を cd/dvd-rom 割り当て Vine4.2 の
      boot 後に VBoxLinuxAdditions-x86.run を起動します
      [ C:\Program Files\Sun\VirtualBox\VBoxGuestAdditions.iso ]


      [ VBoxGuestAdditions.iso ]
        2009/12/04  19:06         217 AUTORUN.INF
        2009/12/17  22:33       4,470 autorun.sh
        2009/12/17  22:29   2,897,359 VBoxLinuxAdditions-amd64.run
        2009/12/17  22:36   2,436,554 VBoxLinuxAdditions-x86.run    ← install
        2009/12/17  21:24  13,310,464 VBoxSolarisAdditions.pkg
        2009/12/17  22:24   6,139,880 VBoxWindowsAdditions-amd64.exe
        2009/12/17  22:22   5,541,456 VBoxWindowsAdditions-x86.exe
        2009/12/17  22:21     477,712 VBoxWindowsAdditions.exe


  [ Install ]
  +--------------------------------------------------------------------------+
  Linux ゲスト OS は (Vine4.2)

  # su
  # パスワード入力します
  # cd /media/VBOXADDITIONS_3.1.2_56127
  # sh VBoxLinuxAdditions-x86.run
  +--------------------------------------------------------------------------+

  [ help ]
  # sh /media/VBOXADDITIONS_3.1.2_56127/VBoxLinuxAdditions-x86.run help
  +--------------------------------------------------------------------------+
  Verifying archive integrity... All good.
  Uncompressing VirtualBox 3.1.2 Guest Additions for Linux........
  VirtualBox Guest Additions installer
  Please specify an absolute path
  Usage: install [<installation directory>] | uninstall [force] [no_setup]
  Example:
  VBoxLinuxAdditions-x86.run install
  +--------------------------------------------------------------------------+

(4) Windows 2000sp4 インストール

 a. VirtualBoxの設定

   以下のように設定します
「一般」「名前」Windows2000sp4
「OSタイプ」Windows 2000
「システム」「メインメモリ」512 MB
「プロセッサ数」2
拡張機能のPAE/NXを有効化(E)チェックボックスをオフ
「起動順序」フロッピー,
cd/dvd-rom,
ハードディスク
拡張機能のIO APICを有効化(I)チェックボックスをオン
「VT-x/AMD-V」有効
「ネステッドページング」無効
「ディスプレイ」「ビデオメモリ」32 MB
「3Dアクセラレーション」無効
「2Dビデオアクセラレーション」無効
「リモートディスプレイ
サーバー」
無効
「ストレージ」IDEコントローラ
「IDEプライマリマスター」Windows2000sp4.vdi
(標準,4.0 Gb)
仮想的なサイズ 4.0 Gb
「IDEセカンダリ
マスター(cd/dvd)」
sp4.iso
Windows2000sp4 の iso イメージは事前に作成して置く
必要があります
フロッピーコントローラ
「フロッピーデバイス」
「オーディオ」オーディオを有効化のチェックボックスをオン
「ホストオーディオドライバ」Windows DirectSound
「オーディオコントローラ」ICH AC97
「ネットワーク」アダプタ1
ネットワークアダプタを有効化のチェックボックスをオン
「割り当て」ブリッジアダプタ
「名前 」Realtek RTL8169 Family
Gigabit Ethernet NIC
BUFFALO LGY-PCI-GT を選択します
「アダプタタイプ」PCnet-FastIII (Am79c973)
「MACアドレス」08002765B5E6
生成ボタンをクリックし設定します
ケーブル接続のチェックボックスをオン
「USB」USBコントローラを有効化のチェックボックスをオン
USB2.0(EHCI)コントローラを有効化のチェックボックスをオン

 b. Windows 2000sp4 インストール

    項番2-3、別紙参照

    項番2-4 Windows 2000sp4 のシングル CPU からマルチプロセッサにして見る

 c. Guest Additionsのインストール

    ゲスト OS にVirtualBoxの便利なコマンドやツールをインストールするための
    パッケージで、マウス移動が楽になり、非常に便利になります

    (必ず、Windows 2000sp4 インストール後に行う)

  (a) Administrator ユーザで Guest Additions のインストール

    i.  仮想 OS 上のメニュー[デバイス(D)] → [Guest Additionsのインストール] を
        クリックします

    ii. Windows ゲスト OS は iso ファイル中の
        VBoxWindowsAdditions-x86.exe
        ファイルをエクスプローラでクリックしインストールします

    ( 格納場所 C:\Program Files\Sun\VirtualBox\VBoxGuestAdditions.iso )

  (b) VBoxGuestAdditions.iso を cd/dvd-rom 割り当て Windows 2000sp4 の
      エクスプローラで VBoxWindowsAdditions-x86.exe をダブルクリックし
      起動します
      [ C:\Program Files\Sun\VirtualBox\VBoxGuestAdditions.iso ]


      [ VBoxGuestAdditions.iso ]
        2009/12/04  19:06         217 AUTORUN.INF
        2009/12/17  22:33       4,470 autorun.sh
        2009/12/17  22:29   2,897,359 VBoxLinuxAdditions-amd64.run
        2009/12/17  22:36   2,436,554 VBoxLinuxAdditions-x86.run
        2009/12/17  21:24  13,310,464 VBoxSolarisAdditions.pkg
        2009/12/17  22:24   6,139,880 VBoxWindowsAdditions-amd64.exe
        2009/12/17  22:22   5,541,456 VBoxWindowsAdditions-x86.exe  ← install
        2009/12/17  22:21     477,712 VBoxWindowsAdditions.exe


  [ Install ]
  +--------------------------------------------------------------------------+
  ゲスト OS は Windows 2000sp4 で
  VBoxGuestAdditions.iso 中のファイルを
  エクスプローラで VBoxWindowsAdditions-x86.exe をダブルクリックし起動します

  +--------------------------------------------------------------------------+

  [ Normal ]
  +--------------------------------------------------------------------------+
  i.  VirtualBox Device
  ii. VirtualBox Graphics Adapter

  ※ VirtualBox 3.1.2 のインストール時に Windows XP Home SP2 のネットワーク接続に
  作成されます

  iii.VirtualBox Host-Only Ethernet Adapter
  iv. VirtualBox Bridged Networking Driver

  等のドライバがインストールされ、デバイスマネージャから!ビックリマークが
  無くなります

  +--------------------------------------------------------------------------+

注意事項next topnext down

無し








next top